Webマーケティングで役に立つ!知っておきたい心理学用語

webマーケティング

Webマーケティングの担当になったけれど、どうもターゲット顧客のニーズをつかみ切れていない気がするとお悩みの方はいらっしゃいませんか?

そのような時に問題解決の糸口となるのが心理学です。

ターゲット顧客の行動の理由を把握し、より自分の商品やサービスを効率よくアピールするために知っておきたい心理学用語を解説します。

Webマーケティングに役に立つ心理学の種類とは?

Webマーケティングに使える心理学は4分野に渡ります。

①行動心理学
アメリカの心理学者であるジョン・ワトソンが1912年ごろに提唱した心理学です。

行動から人間の気持ちを理解するというアプローチがこれまでの心理学との違いで、Webマーケティングには活用しやすい考え方と言えるでしょう。

②認知心理学
ドイツ出身の心理学者ウルリック・ナイサーが1967年に出版した「認知心理学」という本で提唱されました。

顧客の中でどんな考えが浮かび、それが感情的・行動的反応にどのように影響するかを知るための心理学です。

③社会心理学
心理学と社会学から誕生し、アメリカ出身の心理学者ゴードン・オールポートに「他者が実際に存在したり、創造の中で存在したり、或いは存在することがほのめかされていることによって、個人の思考、感情および行動が、どのような影響をうけるのかを理解し、説明する試みである。」と定義づけられています。

社会の中での人々の心の動きや法則を解き明かしなぜそう感じ、行動に至ったかを解明する心理学です。

④行動経済学
1950年ごろから研究が始まったとされ、人間の心理や感情的な側面をベースに分析される経済学です。

2017年10月には行動経済学の権威とされるリチャード・セイラーがノーベル経済学賞を受賞しています。

Web集客に使える心理学

心理学はWebマーケティングのさまざまな場面で活用できますが、最初にWeb集客に使える心理学を11個ご紹介します。

それぞれの言葉に興味を持ち、具体的な活用方法を知りたい方は詳細記事へのリンクも参照してみてください。

①返報性の法則

人から何かをしてもらった時に「何かお返しをしたい」という気持ちになる心理のことです。

②スノッブ効果

ある商品やサービスが人気でたくさんの人に保有されると、希少価値がなくなるため購入意欲が下がったり、他の希少価値の高い商品やサービスを求めるようになったりする心理効果を言います。

③マッチングリスク意識

商品やサービスを購入する前に自分に合わなかったらどうしようと不安になる心理現象です。

④ウィンザー効果

直接本人に伝えるよりも第三者を介して伝えると信憑性が増すという心理効果のことです。

⑤ハロー効果

認知バイアス(思考のゆがみ)の1つで、人やものに顕著な特徴があるとそれに対する評価が影響を受けてゆがむことを言います。

⑥カクテルパーティ効果

選択的注意(多様な情報の中から自分にとって重要なものを選択して注意を向ける認知機能)の1つで聴覚に対して働くものを言います。

⑦フレーミング効果

物事を表現する枠組み(フレーム)を変えて見方や基準をずらすと同じことでも読み手が違う印象を持つという心理効果を言います。

⑧文脈効果

ターゲット顧客の商品やサービスに対する価値の感じ方が、前後の状況・環境・情報によって変化する心理効果のことです。

⑨シャルパンティエ効果

同じ重さで体積の異なる2つのものを比較した時、体積が大きい方を軽く感じてしまう心理効果を言います。

⑩権威への服従原理

ミルグラム効果(Milgram effect)とも呼ばれ、物事の実際の信憑性にかかわらず肩書きや地位のある人の意見を信じてしまうことを言います。

⑪一貫性の原理

自分の態度や発言、行動に一貫性を持たせたいと感じる心理効果を言います。

コンバージョン率を上げるのに使える心理学

次にコンバージョン率を上げるのに役立つ心理学を8つご紹介します。

①アンカリング効果

「anchor」=錨(いかり)を語源とする認知バイアス(無関係な要素に影響されて物事を評価すること)の1つで、最初に持たされた先入観に基づいて物事を判断することです。

②バンドワゴン効果

ある選択肢が多数の人に支持されることで、さらに選ばれやすくなる現象を示します。

③同調現象

何かを判断する際に人々の意見が多数派の意見に影響されることです。

④ウェブレン効果

価格が高い商品やサービスを「価値も高い」と思い込む心理的効果を言います。

⑤保有効果

自分が所有する物や環境に高い価値を感じ、手放したくなくなる心理効果です。

⑥損失回避の法則

人間が「得をすること」よりも「損をしないこと」を選んで行動してしまうことを指します。

⑦松竹梅の法則

3段階の選択肢があった場合に真ん中を選ぶ心理効果です。

⑧ツァイガルニク効果

人間が達成できなかった事柄や中断している事柄に対してより強い印象や記憶を持つという心理現象のことです。

既存顧客へのアプローチに使える心理学

最後に既存顧客へのアプローチに用いることができる心理学を6つご紹介します。

①カリギュラ効果

心理的リアクタンス(選択の自由を奪われると反発する心理作用)の1種で、禁止されると興味や好奇心が強まりその禁止を破りたくなる心理効果です。

②ディドロ効果

自分の生活環境に理想的な価値を持つ新たなものが入ってくると、それに見合う価値のものを買いそろえたくなる心理を言います。

③ザイオンス効果

同じ人や物に接触する回数が増えるほど、次第に好感度や評価が上がっていく心理現象です。

④バーナム効果

誰にでも当てはまることなのに自分だけに当てはまることだと錯覚する心理的効果を言います。

⑤決定回避の法則

選択肢が多すぎると人間は決断力が低下し1つのものを選べなくなるという心理法則です。

⑥テンション・リダクション効果

テンション(Tension=緊張・不安)・リダクション(Reduction=減少)という言葉の通り緊張状態がなくなり気がゆるんでいる状態を営業活動やWebマーケティングなどに利用することを言います

まとめ

Webマーケティングに活用できる心理学は4分野に渡り、目的に応じてたくさんの心理法則を使い分けられることがわかりました。

ぜひ1つ1つの心理法則の詳細や具体的な活用法も目を通して、よりターゲット顧客の心を動かすWebマーケティング戦略を作るのに役立ててみてください。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】