ザイオンス効果とは?Webマーケティングに使える心理学

webマーケティング

最初は少し印象が良いと感じていただけの人が、たまたま会う機会が多く回数を重ねるうちに、いつの間にかとても親しい間柄になっていたという経験はありませんか?

これはザイオンス効果によって少しずつ相手への印象が良い方向性に変わっていった事例です。

この記事では自分の印象を良くすることやWebマーケティングに活用できる、ザイオンス効果について詳しく解説します。

ザイオンス効果とは?

ザイオンス効果とは同じ人や物に接触する回数が増えるほど、次第に好感度や評価が上がっていく心理現象を言います。

日本語では「単純接触効果」と表現されるのです。

1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイオンスの論文によって提唱されました。

ザイオンス効果が発揮される前提条件は人や物に対して何らかの印象があることで、ザイオンス効果が発揮される前の印象が良ければ好印象が強化され、印象があまり良くなければそれが強化されます。

またザイオンス効果を高めるには接触する時間の長さより接触する回数や頻度を増やす方が効果的であることも覚えておきましょう。

ザイオンス効果のWebマーケティングでの活用方法

ザイオンス効果をWebマーケティングで活用する方法を3つご紹介します。

メールマガジンを発行する

あるECサイトで買い物をしたところ、メールマガジンが定期的に届くようになったという経験を持つ方は多いのではないでしょうか。

メールの内容を分析してみると商品購入のお礼に始まり、商品発送のお知らせ、商品到着後のレビュー依頼、割引クーポンつきメールの送付など「タイミング良く」「定期的に」行われているのがわかります。

これはザイオンス効果を用いてターゲット顧客の印象を良くし、さらにクロスセルを狙いたい時に用いる手法です。

リターゲティング広告を活用する

リターゲティング広告とは、広告主のWebサイトを訪問したターゲット顧客の行動を追跡し、他サイトの広告枠上でも自社のWeb広告を表示させる手法です。

もともとターゲット顧客は広告主の商品やサービスに対して少なからず興味があることからそのWebサイトを訪問しているはずです。

つまりリターゲティング広告で何度も同じ内容を見かけることにより、ターゲット顧客はつい気になってその広告をクリックする可能性が高いと言えます。

ザイオンス効果を利用した広告手法の中でも非常に効果の高い方法だと言えるでしょう。

リターゲティング広告とよく併用される広告手法にサーチターゲティングがあり、過去の検索履歴を利用するため効果が高いです。
サーチターゲティングについても知りたい方は次の記事もごらんください。

SNSやブログを活用する

SNSとブログを組み合わせてターゲット顧客への接触回数を増やす方法です。

まず、SEO対策を意識して、新規ターゲット顧客を呼び込むことのできるブログを立ち上げます。
ブログの更新や最新情報を告知することのできるSNSも立ち上げて両方をできるだけ更新しましょう。

検索流入でやってきた新規ターゲット顧客のニーズをそのブログが満たすことができれば、ブログの読者となってくれる可能性もあるのではないでしょうか。
また、SNSでのコミュニケーション次第でファンを増やせる可能性もあるでしょう。

このようにSNSとブログ両方でターゲット顧客に定期的に接触することができ、SNSのコミュニケーション機能でよりターゲット顧客のニーズを満たすための情報収集なども図れるため、ザイオンス効果を用いて好感度を上げるだけではないメリットを得られる方法と言えます。

ただし、ザイオンス効果が発揮される前の印象が良くないと悪い印象を強く後押ししてしまう可能性があるため、SNSとブログの運用はターゲット顧客に良くない感情を抱かせないよう配慮し、慎重に行うのがよいでしょう。

まとめ

ザイオンス効果はターゲット顧客と接触する機会を数多く持つことによって好印象を強化することができる便利な心理効果であることがわかりました。

第一印象次第で結果が変わるため、最初の印象を良くすることには心を配る必要がありますが、Webマーケティングだけでもさまざまな活用法があり、広告戦略やWebサイトの運用などたくさんの場で役に立つ心理効果と言えるでしょう。

実際にザイオンス効果を意識したマーケティングを行う際はすぐに結果は出ないので、ターゲット顧客への「ご機嫌伺い」といった感覚で定期的にコミュニケーションを図り続けることができれば、いずれそれが少しずつコンバージョンへと結びついていくのではないでしょうか。

ザイオンス効果を上手に活用したWebマーケティング戦略を用いて根気よくターゲット顧客の好感度を上げ、購入意欲が高まるように導いていきましょう。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】