スノッブ効果とは?Webマーケティングに使える心理学

webマーケティング

とっても欲しかったものなのに、周囲を見渡すと流行っているので他の人も持っていると知り何だかがっかりした経験はありませんか?

これはスノッブ効果と呼ばれる心理現象が起こったことからくる気持ちです。

この記事ではスノッブ効果とは何かからビジネスの場での活用法まで詳しく解説します。

スノッブ効果とは?

スノッブ効果とは、ある商品やサービスが人気でたくさんの人に保有されると、希少価値がなくなるため購入意欲が下がったり、他の希少価値の高い商品やサービスを求めるようになったりする心理効果です。

イギリスのケンブリッジ大学で大学に関係ない人々を表す「靴屋(snob)」が語源とされ、1950年にアメリカの経済学者ハーヴェイ・ライベンシュタインの論文「消費者需要理論」にて提唱されました。

この時同時に提唱されたのがバンドワゴン効果とウェブレン効果です。

バンドワゴン効果は人気の高い商品が欲しくなる心理効果なので、スノッブ効果とは逆となります。

バンドワゴン効果、ウェブレン効果についても詳しく知りたい方は次の記事もごらんください。

スノッブ効果が起こる理由とは?

スノッブ効果が起こる理由は2つあります。

①一貫性を持ちたいという意識が働くため

ディドロ効果の記事にも出てきましたが、人には自分の発言や行動に一貫性を持たせたいと感じる特性があります。

これを一貫性の原理と言い、「希少価値の高い商品やサービスを求める」という行動に対して一貫性のある行動を取ろうとすると、ある商品やサービスの人気が高まったからといって流されることはないのです。

②他者と自分とを区別する心理が働くため

他者と自分とは違うという意識が働くと、人気の高い商品やサービスを見かけても自分の判断にぶれが生じません。

他者と自分とをきちんと区別できている人は人気に左右されず、自分の価値判断で商品やサービスを選択するでしょう。

スノッブ効果を使ったWebマーケティングの事例

スノッブ効果を使ったWebマーケティングのポイントは2つあります。

①希少性をつけること
例えばこのような商品説明はスノッブ効果を狙って商品に希少性をつけていると言えるのです。

・期間限定商品
・会員限定商品
・数量限定商品
・地方限定商品

それぞれ手に入れられる人が限定される文言が入っているので、誰もが持てるわけではない=価値が高いと感じさせる方法と言えるでしょう。

②オリジナリティをつけること
例えばこのような商品やサービスはスノッブ効果を狙ってオリジナリティを高めています。

・オーダーメイドサービス
・オプションにてカスタマイズ可能

自分の意思を反映しているので他の人と同じ商品やサービスにならない=価値が高いと感じさせる方法です。

ではこれを踏まえてスノッブ効果を使ったWebマーケティングの事例を3つご紹介します。

スノッブ効果とウェブレン効果を組み合わせた事例

ウェブレン効果は高額な商品やサービスほど価値が高いと感じる心理効果を言います。

このためスノッブ効果とウェブレン効果を組み合わせて、ターゲット顧客に「プレミアム商品を会員限定で販売中!」といったアピールを行うとより効果的なWebマーケティングができるでしょう。

スノッブ効果とバンドワゴン効果を組み合わせた事例

スノッブ効果とバンドワゴン効果は真逆の心理効果なので、Webマーケティングでどのように使うのかあまりイメージがわかないという方も多いのではないでしょうか。

しかしアパレルのECサイトなどでよくこのような商品説明を見かけることがあります。

「人気の完売商品を、数量限定で再入荷!」

前半でバンドワゴン効果、後半でスノッブ効果を利用した秀逸な商品説明だと言えるでしょう。

スノッブ効果とウェブレン効果とバンドワゴン効果を組み合わせた事例

今までの2つの事例を考えると、スノッブ効果、ウェブレン効果、バンドワゴン効果の3つを重ねてWebマーケティングの効果を高めることも可能です。

「豪華絢爛ながら人気が高く早期完売したあの商品を、期間限定で復刻しました!」

この説明では豪華絢爛=ウェブレン効果、人気が高く早期完売=バンドワゴン効果、期間限定=スノッブ効果をそれぞれ用いています。

少し考えるのが難しくなりそうですが、余裕があれば活用に取り組んでみるのもおもしろいでしょう。

まとめ

スノッブ効果は希少性の高いものに価値を感じるという心理効果で、Webマーケティングでは他の心理効果と相性が良く、さまざまな組み合わせで活用できることがわかりました。

他にもスノッブ効果と相性の良い心理効果がないか探しながらWebマーケティングの戦略を考えるのも楽しいでしょう。

自分の売りたい商品やサービスがよりターゲット顧客に良い印象を与えることができるよう、スノッブ効果を上手に活用してみてください。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】