【2021年最新】Facebook広告の画像サイズとテキストの文字数について

Facebook広告

Facebook広告を出稿しようと思ったので画像サイズやテキストの文字数はどのくらいにすればよいのか調べてみたけれど、いまいち理解しにくくて困っている方はいらっしゃいませんか?

この記事ではFacebook広告の画像サイズとテキストの文字数について初心者の方にもわかりやすく解説します。

目次

Facebook広告の画像サイズについて

画像サイズはアスペクト比(長辺と短辺の比率)とピクセル(横の長さ×縦の長さ)、また動画サイズはアスペクト比と動画ファイルサイズで表現されます。

Facebook広告の掲載先と配置場所ごとに推奨されるサイズは異なるので、主なものを画像広告・動画広告・カルーセル広告・コレクション広告にわけてご紹介します。

画像広告の場合

画像広告はFacebook広告で最も利用される広告フォーマットで、推奨されるアスペクト比とピクセルは次の通りです。

ファイルタイプはJPGまたはPNGが推奨されており、最大ファイルサイズは30MBとなっています。

推奨ピクセルアスペクト比配置場所広告の掲載先
1080×13504:5ニュースフィード
(タイムライン)
Facebook
1200×6281.91:1右側の広告枠
インスタント記事
Facebook
16:9全てAudience Network
1080×19209:16ストーリーズFacebook
Instagram
Messenger
1200×12001:1受信箱Messenger
1080×10801:1ニュースフィード
(タイムライン)
発見タブ
Instagram

動画広告の場合

自社の売りたい商品やサービスの特徴を動きや音声で伝えることができる動画広告で推奨されるアスペクト比、動画ファイルサイズは次の通りです。

ファイルタイプはMP4、MOVまたはGIFが推奨されており、動画ファイルサイズは最大4GBです。

アスペクト比配置場所広告の掲載先
4 : 5ニュースフィード
(タイムライン)
発見タブ
Facebook
Instagram
16:9インストリーム動画Facebook
1.91:1インスタント記事Facebook
9:16ストーリーズFacebook
Instagram
全てAudience Network
1:1検索結果Instagram

カルーセル広告の場合

カルーセル広告は1つの広告で最大10件の画像や動画を表示し、それぞれにリンクやCTAボタンなどをつけることができる広告です。

推奨されるアスペクト比、動画ファイルサイズは次の通りです。

推奨
ピクセル
アスペクト比掲載先画像
or 動画
ファイル形式最大
ファイルサイズ
1080×10801:1Facebook
Instagram(フィード)
Messenger
Audience Network
画像「JPG」または「PNG」30MB
動画「GIF」、「MOV」
または 「MP4」
4GB
1080×19209:16Instagram(ストーリーズ)画像「JPG」または「PNG」30MB
動画「GIF」、「MOV」
または 「MP4」
4GB

コレクション広告の場合

コレクション広告はスマホ専用のフォーマットで、カバー画像や動画をタップするとフルスクリーンの画面が立ち上がり、あらかじめFacebook上の製品カタログに登録しておいたアイテムをターゲット顧客の行動・興味に合わせて表示できます。

推奨されるアスペクト比、動画ファイルサイズは次の通りです。

Facebook広告
の掲載先
配置場所アスペクト比動画ファイルサイズ  
Facebookニュースフィード(タイムライン)1.9:1(画像) 16:9(動画)最大4GB
Instagramニュースフィード(タイムライン)1.9:1(画像) 16:9(動画)最大4GB

ディスプレイ広告で使用するバナーサイズについても知りたい方は、次の記事もごらんください。

Facebook広告のテキストについて

Facebook広告で使用できるテキストはメインテキスト、見出し、説明の3種類です。

メインテキストとはコンテンツについて伝えたい要素、見出しはリンク先にある情報の概要、説明は見出しだけでは伝えきれないリンク先の情報の詳細を伝えます。

もし推奨される文字数をオーバーした場合、メインテキストは「続きを読む」と表示されて省略され、見出しは三点リーダーで省略され、説明は表示されません。

そのため大切なことは省略されないよう、最初に書くのを意識するとよいでしょう。

またInstagramではメインテキストしか表示されないので、画像や動画とメインテキストのみでユーザーに配信の意図が伝わるように工夫をする必要があります。

広告の種類別に推奨される文字数を一覧表にまとめてみました。

広告の種類メインテキスト見出し説明
画像広告125文字以内25文字以内30文字以内
動画広告125文字以内25文字以内30文字以内
カルーセル広告125文字以内25文字以内30文字以内
コレクション広告90文字以内25文字以内

まとめ

Facebook広告の画像サイズやテキストの文字数は広告の種類によって異なるため、まずどの種類の広告を出稿したいのかを決めてから規定を調べるのが望ましいでしょう。

特に画像や動画については出稿先であるFacebook、Messenger、Instagram、Audience Networkそれぞれにおいてアスペクト比やピクセル、動画サイズが細かくわかれていることに注意する必要があります。

ぜひこの記事を参考にして、規程に合ったFacebook広告を作成してみてください。

著者情報:三倉(mikura)
リスティングやSNSの広告運用12年/フリーランス4年目の認定ランサー。国立大学卒業後、新卒でベンチャー企業に就職し広告運用からマネジメントまで行い独立。「顧客の利益創出」をモットーとした広告設計・運用を行っています。ポリシーは【即レス・誠実さ・期限厳守】

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】