バランストスコアカードとは?経営戦略を考えるための活用方法をご紹介

webマーケティング

今の自社の状態をひいき目なしで評価して、新しい経営戦略を考えたいけれどどうもうまくいかないとお困りの方はいらっしゃいませんか?

そのような時に役立つのがバランストスコアカードです。

この記事ではバランストスコアカードとは何かから課題解決につながる活用方法まで詳しく解説します。

バランストスコアカードとは?

バランストスコアカードとは企業の業績目標を評価し、経営戦略を策定するためのフレームワークです。

1992年にハーバードビジネススクール教授のロバート・S・キャプテンとコンサルタント会社社長のデビッド・ノートンにより「Harvard Business Review」誌上に発表されました。

従来業績管理は財務指標を基に行われてきましたが、それだけでは経営品質や業績の変化を正確に評価することはできません。

そのため非財務的な視点を加えた次の4つの視点から業績を評価することにしたのがバランストスコアカードです。

①財務の視点
企業の財務状態を良くする行動に対して評価します。

②顧客の視点
顧客満足度を高める行動に対して評価を行うのです。

③業務プロセスの視点
業務の効率性や生産性を高める行動に対して評価します。

④学習と成長の視点
企業の経営戦略を達成するための学習や成長に対して評価を行うのです。

最終的にこの4つの視点からの評価を総合して業績の評価が行われます。

バランスドスコアカード作成の流れ

次にバランスドスコアカードを作成する流れを説明します。

①目標を設定する
何のためにバランスドスコアカードを作成するのかを明確化するために、目標設定を行います。

全社的な目標を「売上高前年比30%アップ」「利益率5%アップ」のように数値化して定めましょう。

②社内外の分析をしてCSF(Critical Success Factor=重要成功要因)を設定する
重要成功要因は目標を達成するための主要な要因を指します。

具体的な行動ではなく作戦と言えばわかりやすいでしょうか。

このCSFを見つけるために有効なのが企業の商品やサービスに好影響を与える内部・外部環境を分析できる手法、SWOT分析です。

目標を達成する要因となりうる経営資源とは何かが把握できるためです。

SWOT分析についても詳しく知りたい方は、次の記事もごらんください。

重要成功要因は4つの視点それぞれに設定し、複数あっても構いません。

③KPIとKGIを定める
KPIとはKey Performance Indicatorの略で重要業績評価指標のことです。

またKGIとはKey Goal Indicatorの略で重要目標達成指標のことを指します。

KGIが最終目標、KPIが中間目標と考えるとわかりやすいでしょう。

KPI、KGIは重要成功要因1つ1つに具体的な数値で設定します。

④業績の評価を行う
設定したバランスドスコアカードの内容を実行・検証し、目標達成できるまで一連の流れを繰り返し行うのです。

バランスドスコアカードを使用するメリット、デメリット

バランスドスコアカードを使用するデメリットを1つ、メリットを3つご紹介します。

バランスドスコアカードを使用するデメリット

バランスドスコアカードを使用するデメリットは、作るのに手間がかかるため作成して満足してしまうことです。

これを防ぐためには、例えばバランストスコアカードを全社用、部門用、個人用の3種類作成し常に目に入る場所に掲示しておくなどの対策が有効でしょう。

バランスドスコアカードを使用するメリット

バランスドスコアカードを使用するメリットの1つめは、収益を拡大するための目標とどのような行動をすればよいかが明確にわかることです。

社内全体の目標に対する認識のずれや、目標達成するための道筋を遠回りするのを防いでくれます。

メリットの2つめは、間接部門のコスト削減や効率化にも有効なことです。

直接的に会社の収益を生まない間接部門は業績をどのように評価するかが難しいですが、バランスドスコアカードを作成すれば財務的な貢献度を意識してもらうことが可能で、非財務的な視点からも評価できます。

メリットの3つめは、業務遂行上の課題や問題が明らかになった時、解決に結び付きやすくなることです。

バランスドスコアカードでは4つの視点から経営資源を最大限に活用できるようになるため、目標達成する間に問題が発生したとしても全員参加型の解決が行われやすくなり効率的と言えます。

まとめ

バランスドスコアカードは財務的、非財務的な4つの視点から業績を評価できるフレームワークですが、うまく使用できれば今持っている経営資源を最大限に活用できるため、効率的な経営につながるとわかりました。

自社の効率的な成長を促したい時にはぜひバランスドスコアカードを積極的に作ってみてください。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】