ターゲット顧客の心を動かすリスティング広告文を作成するコツとは?

リスティング

コンバージョンにつながるような気の利いたリスティング広告文を作ってみたいけれど、どうもうまくいかないと悩んでいる担当者の方はいらっしゃいませんか?

この記事ではターゲット顧客の心に訴えるリスティング広告文を作成するコツをご紹介します。

リスティング広告文が広告に与える影響とは?

最初になぜリスティング広告文の作成に時間をかける必要があるのか、リスティング広告文が広告運用に与える影響から考えてみましょう。

リスティング広告文が広告運用において影響を与える数値は次の3つです。

①クリック率
②品質スコア
③CV率

このことからリスティング広告文はリスティング広告の成果に大きく影響を与えるということがわかるでしょう。

リスティング広告の成果を高める広告文作成のコツ

リスティング広告の成果を高める広告文を作成するためのコツを5つご紹介します。

フォーマットに合った広告文にする

リスティング広告文で成果を出すには、最初にフォーマットに合った広告文を作成する必要があります。

Google広告で設定できる広告文の文字数は次の通りです。

項目最大文字数(半角)
広告見出し130文字
広告見出し230文字
広告見出し330文字
説明文190文字
説明文290文字

またYahoo!広告で設定できる広告文の文字数は次の通りです。

項目最大文字数(全角および半角カナを2文字、半角英数記号を1文字としてカウント)
タイトル130文字以内
タイトル230文字以内
タイトル3(任意)30文字以内
説明文190文字以内
説明文2(任意)90文字以内

他にも使用可能文字やURLについての規定が細かく設定されているので、ひとまずリスティング広告文を作成する際はフォーマットの確認を行うようにしましょう。
テキスト広告の文字数等は下記の記事でご確認ください。

見出しにキーワードを含める

リスティング広告文を作成する際は広告見出しに検索キーワードを含めることが大切です。

広告見出しに検索キーワードが含まれていると、検索キーワードと広告文の関連性が高いと判断されて品質スコアの改善につながり、ターゲット顧客に直観的にクリックしてもらえるためクリック率やCV率の向上にもつながります。

競合他社と比較してUSPを記載する

リスティング広告文の内容には競合他社と比較してUSP(Unique Selling Proposition=自社独自の売りの提案)を記載するようにしましょう。

具体的にはターゲット顧客にメリットがある特典や、限定の商品やサービスであること、ブランドネームなどをリスティング広告文に入れて訴求します。

ターゲット顧客がわかりやすいように自社の優位性を数値化したり、記号を使用したりするのも効果的です。

USPを意識したキャッチコピーの作り方についても知りたい方は、次の記事もごらんください。

広告表示オプションを設定する

通常のリスティング広告文の広告見出しや説明文とは別にメッセージやリンク先を表示できる、広告表示オプションを設定するのも良い方法です。

広告表示オプションは無料で設定でき、Google広告では11種類、Yahoo!広告では4種類あります。

広告見出しや説明文には文字数制限があるため訴求できない部分を補い、クリック率や品質スコアの向上が見込めるのがメリットと言えるでしょう。

ターゲット顧客の行動につながるフレーズを含める

リスティング広告文にはターゲット顧客の次の行動を促す内容を含めるようにしましょう。

ターゲット顧客がリスティング広告をクリックすることにより得られるメリットが明確に伝わるためです。

例えば「無料ダウンロード」や「資料請求はこちら」など短い内容でも一言あるのとないのとではターゲット顧客にとってのクリックのしやすさは大きく変わるのではないでしょうか。

まとめ

リスティング広告文は品質スコア、クリック率、CV率に影響を与えリスティング広告の成果に直接かかわるため、フォーマットを守り自社のUSPをアピールするなどしてターゲット顧客の購入意欲を高める内容にした方がよいことがわかりました。

どれだけ質の良い商品やサービスを作ったとしても、ターゲット顧客に対して適切なアピールが行われなければ内容は伝わらず、CVにもつなげられません。

リスティング広告の出稿を考えている担当者の方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてリスティング広告文を自社の商品やサービスをより魅力的に伝えられる内容へと改善していってください。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】