【ポートフォリオ入札戦略】自動入札を活用して効率化を目指そう【Google広告】

リスティング

今回は、Google広告の「ポートフォリオ入札戦略」についてメリットや設定方法を解説します。
「ポートフォリオ入札戦略」と言う名前を初めて聞く方もいるかと思いますが、効率化を目指すには最適なツールですのでぜひ活用していきましょう!

■ポートフォリオ入札戦略とは

ポートフォリオ入札戦略とは自動化された入札戦略のことで、一つのアカウント内の複数のキャンペーンの入札単価を最適化することができる機能です。
入札単価はオークションごとに目標別に最適化されます。

同じポートフォリオ入札戦略を使用しているキャンペーンは一括で変更・管理が可能なのです。

使用できる入札戦略一覧

全ての入札戦略を使用することができます。
各入札戦略の特徴を理解し、自社のキャンペーンに合った入札戦略を選びましょう。

クリック数の最大化予算内でクリック数を最大化できるようにする
目標インプレッションシェアGoogle 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように入札単価を調整する
目標コンバージョン単価(tCPA)設定したコンバージョン単価でコンバージョンを最大限獲得する
目標広告費用対効果(tROAS)指定した目標広告費用対効果でコンバージョン値を獲得する
コンバージョン数の最大化予算全体を使いながら、キャンペーンのコンバージョンを獲得する
コンバージョン値の最大化予算を過不足なく使いながらコンバージョンを獲得する

■ポートフォリオ入札戦略のメリット

ポートフォリオ入札戦略のメリットは主に2つあります。

  • キャンペーンの入札戦略を管理しやすい
  • 高度な機械学習と的確なレポート

キャンペーンの入札戦略を管理しやすい

ポートフォリオ入札戦略の最大のメリットは、複数のキャンペーンを一括で管理できる点です。
アカウント内に多数のキャンペーンがある場合、キャンペーンごとに入札戦略を設定していると、管理するのに時間と手間が掛かり効率的ではありません。

その点ではポートフォリオ入札戦略は、適用しているキャンペーン全ての入札戦略を設定・変更できるのでアカウント全体を目標達成に導くことができます。
特に、各キャンペーンでCPAに差がある場合に役立ちます。

高度な機械学習と的確なレポート

ポートフォリオ入札戦略は、機械学習の必要なデータを素早く集めるのに最適です。
Googleの機械学習は広範囲なデータを学習します。
よってさまざまな入札単価でのコンバージョン数や値を、的確に予測できるようになります。

また、ポートフォリオ入札戦略は、適用範囲のキャンペーンのレポートを効率よく比較することができます。
入札戦略を変更した場合でも、変更前と変更後のデータを簡単に比較することができるので、パフォーマンスを上げることにより集中できます。

■ポートフォリオ入札戦略の設定方法

キャンペーン設定からポートフォリオ戦略を作成

①編集するキャンペーンを選択する
②左側の[設定]を選択し、[入札単価]を開き[入札戦略を変更]をクリック

③[ポートフォリオ入札戦略を使用する]をクリック

④新しいポートフォリオ戦略を作成するか、既存のポートフォリオ入札戦略を使用するかを選択
新しいポートフォリオ戦略を作成する場合は目標値と名前を設定し、保存する

共有ライブラリからポートフォリオ戦略を作成する

各ポートフォリオ入札戦略の結果や確認・管理も①の手順から確認することができます。
①管理画面右上の[ツールと設定]をクリックし、[入札戦略]を選択

②青いプラスボタンをクリックし、作成したい入札戦略を選択

③目標値・名前を設定し、適用するキャンペーンを選択し、保存

■まとめ

ポートフォリオ入札戦略は管理がしやすく、非常に効率的なツールといえます。
設定も簡単で変更も可能なので、まずはポートフォリオを作成しキャンペーンに合わせて、最適な入札戦略を比較しながら見極めていきましょう。
皆さんのリスティング広告の運用が効率よく、且つパフォーマンス向上も達成できるように願っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者情報:三倉(mikura)
リスティングやSNSの広告運用12年/フリーランス4年目の認定ランサー。国立大学卒業後、新卒でベンチャー企業に就職し広告運用からマネジメントまで行い独立。「顧客の利益創出」をモットーとした広告設計・運用を行っています。ポリシーは【即レス・誠実さ・期限厳守】

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】