Webマーケティングで活かせる競合調査の5つのポイントとは?

webマーケティング

競合調査を事前に行った方がWebマーケティングの成果が上がるのはわかっているけれど、あまり実際には活かしきれていない気がするとお感じの方はいらっしゃいませんか?

この記事では競合調査を適切に行い、また今後に活かせるためのポイントを5つご紹介します。

競合調査とは

競合調査とは自分の売りたい商品やサービスと競合先の商品やサービスを比較・分析し改善点や課題を見出すことです。

しかしどのような要素を比較・分析すれば有効な情報を得られるかがあいまいな競合調査では望むような結果は得にくいでしょう。

競合調査のやり方を考える上でのポイントを5つご紹介します。

【ポイント1】競合調査の目的を明確にする

1つめのポイントは競合調査を行う目的を明確にすることです。

現在の市場の状況に応じて3種類の目的が考えられます。

競合が既に起きている場合
競合他社の商品やサービスを調べるのが目的となる

競合が起きつつある場合
競合他社の数やどのような会社なのかを調べるのが目的となる

競合がまだ起きていないが起こると予想される場合
競合他社となるのがどこの会社か、想定される戦略はどのようなものかを調べるのが目的となる

競合調査を行う目的を定めたら、その結果を自社でどのように活かすかを考えておくとなおよいでしょう。

競合調査の活用方法は次のようなことが考えられます。
・自社のビジネスモデルの改善
・会社組織や人事制度の改善
・商流の改善
・商品ラインナップやサービスラインナップの改善
・マーケティング戦略の改善

このように事前に競合調査を行った後のことまで想定しておけば、競合調査の結果にかかわらず内容を活かすことができるでしょう。

【ポイント2】競合調査の対象を明確にする

2つめのポイントは競合調査を行う対象を明確にすることです。

ファイブフォース分析(買い手の交渉力、売り手の交渉力、既存競合他社、新規参入の脅威、代替品の脅威の5つの力から導き出す業界構造分析の手法)を行い、自社とターゲット顧客が似ている企業、Webマーケティング戦略が近い企業などをリストアップするのをおすすめします。

【ポイント3】競合調査の内容を明確にする

3つめのポイントは競合調査で競合他社の何を調べるかを決めることです。

例えば競合が既に起きているので競合他社の商品やサービスを調べる場合でも、「顧客層」を調べるのと「ターゲット顧客がその商品やサービスを使って得た感情」を調べるのとでは得られる結果が異なります。

自社の商品やサービスを売るのに競合他社のどのようなことを調査すれば役に立つのか考えてみましょう。

【ポイント4】競合調査の項目を適切に設定する

4つめのポイントは競合調査の項目を決めることです。

よく使われる競合調査の具体的な項目をご紹介します。

①ビジネスモデルについて
・事業の規模
・経営方針
・商品展開
・顧客層
・販売・サービスの経路
・マーケティング戦略
・集客方法

②人事制度について
・人事・労務管理体制
・賃金体系、パート、派遣等の割合やその利用状況

③商品・サービスについて
・取扱商品・サービス
・価格
・接客やアフターサービスの内容

④商流(商品を扱う場合)について
・改修時の分担
・業務委託時の契約
・問題発生時の責任等の規定

⑤HPやECサイトの内容について
・コンテンツ内容
・ページ数
・更新頻度
・SNSの有無・内容
・写真や動画の数・バナーの内容
・口コミなどに投稿しているターゲット顧客の情報
・購入やお問い合わせまでの経路(クリック回数、コンバージョンしやすい作りかどうかなど)
・スマホファーストなサイトかどうか

これらの項目を参考にして、自社の売りたい商品やサービスにはどのような項目が適しているか考えてみましょう。

【ポイント5】競合調査の結果を適切に分析する

5つめのポイントは、競合調査の結果を分析することです。

目的に合わせたおすすめの分析方法をご紹介します。

①競合調査結果で自社の強みや立ち位置をはっきりさせたい場合

・4P分析
4P分析とは「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(プロモーション)」の4つの視点からターゲット市場を分析し、自社の課題や強みを発見する分析手法です。

4P分析の詳細を知りたい場合は、次の記事も参考にしてみてください。

・SWOT分析
強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの視点で企業を評価、分析する手法を言います。

②競合調査結果で競合他社と自社を比較して分析したい場合

・3C分析
3C分析とは成功要因を導き出すのを目的として行い、3Cとは分析の対象で、「Company(自社)」「Customer(顧客及び市場)」「Competitor(競合他社)」を指します。

3C分析について詳細に知りたい場合は、次の記事もお読みください。

・4C分析
4C分析とは、商品やサービスが、ターゲット顧客の価値につながっているかどうかを分析する手法で、4Cとは「Customer(顧客価値)」「Cost(コスト)」「Convenience(利便性)」「Communication(ターゲット顧客と企業とのコミュニケーション)」を指します。

自社のWebマーケティング戦略を策定する上では、どのような分析方法が適切かを考えてみましょう。

まとめ

競合調査を行う上で大切なポイントは、事前に目的や対象をはっきりさせ、自社の商品やサービスを売るためのWebマーケティング戦略にはどのような内容が必要かを考えた上で行うことだとわかりました。

せっかく時間や手間をかけて行う競合調査がよりよくその後のWebマーケティング戦略に活用できるよう、計画的に調査と分析を進めていきましょう。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】