マンダラートとは?効率的にアイデアを浮かばせるための発想法、

webマーケティング

考えても考えてもよいビジネスアイデアが浮かばず困っている方はいらっしゃいませんか?

そんな時に役に立つのがマンダラートです。

この記事ではマンダラートとは何かからおすすめのテンプレートまで詳しくご紹介します。

マンダラートとは?

マンダラートとは真言密教の教えに基づいて描かれた曼荼羅に由来し、3×3マスの正方形にテーマを書き込むことでアイデアを広げる発想法です。

1987年にデザイナーの今泉浩晃氏によって考案されました。

マンダラートはロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、花巻東高校の1年生の時に作成して目標を達成したことでもよく知られています。

最近ではアプリも開発され、活用範囲はより広まってきたと言えるでしょう。

マンダラートが威力を発揮するのは平凡なアイデアしか浮かばない時と斬新なアイデアが求められている時の2つなので、もしこの状態になったら積極的にマンダラートを活用してみましょう。

マンダラートの作り方

次はマンダラートの作成手順について3つのステップで説明します。

①3×3の9マスの中央にメインテーマを書き込む
これからマンダラートを使って考えたいメインテーマを書き込みます。

②周囲の8マスに連想する語句を書き込む
メインテーマから連想する語句を思いつくままに書いていきます。

③連想する語句を中心とした新しいマンダラートを作る
9マス全てを埋めたら連想する語句の中から1つを選び、それを外側にあるマンダラート中心のマスに転記します。

その後転記した連想する語句を中心に、さらに思いつく語句を周囲のマスに記入していくのです。

81マスを全て埋めたらマンダラートは完成です。

連想する語句を1つ1つクリアしていけば、メインテーマの達成に近づくことができます。

マンダラートを作る時のポイント

マンダラートを作成する時のポイントを3つご紹介します。

①81マス全て記入すること
マンダラートでは81マス全てを埋めなければ考え抜いたとはいえず、中途半端な結論が出て終わってしまいます。

これではもしマンダラートに基づいてメインテーマの達成を目標として行動しても、あまり良い結果にはならないでしょう。

他のマスと比較して考えが浅いと感じる語句があったとしても、まずは81マスを埋めることを優先として考えることが大切です。

②どうしても81マスが埋まらない場合はメインテーマを変更する
どれだけ考えても81マスが埋まらない場合は、メインテーマが深堀できないものである可能性もあります。

この場合は81マスを埋めるより、メインテーマを変更してみましょう。

テーマの範囲を少し広げてみたり、もう少し高い目標を掲げてみたりといった調整をするのですが、最初に決めたメインテーマがあまりにも具体的な場合は抽象的にしてみるというのも1つの方法です。

③メインテーマを変更しても埋まらない場合は一旦作業を中止する
メインテーマを変更しても81マスが埋まらない場合はマンダラートの全体像がイメージできていない可能性があるため一旦作成を中止してください。

次の日にまた新たな気持ちでスタートすれば、思考にリセットがかかっているため語句も連想しやすくなるでしょう。

マンダラートを作成する時におすすめのアプリ

マンダラートは手書きで作成してもよいのですが、アプリやテンプレートも各種揃っています。

①MandalArt

画像 App Store MandalArtより

https://apps.apple.com/jp/app/mandalart/id866939399

マンダラート考案者の今泉浩晃氏が代表を務めるHiro Art Directions inc.が提供する公式のiPhone専用アプリです。

仕事を効率化するツールとして提供されているのが特徴的と言えるでしょう。

②PDF、Excel形式のテンプレート
マンダラートを作成するためのPDFやExcel形式のテンプレートは検索をかければ多数出てきます。

無料で手に入れることができるので、自分の好きな形式のテンプレートを選んでダウンロードすると使いやすいでしょう。

まとめ

マンダラートは3×3マスの正方形にテーマを書き込むことでアイデアを広げる発想法ですが、アプリやテンプレート、また作成事例などもたくさんあるので初心者でも取り組みやすいことがわかりました。

仕事を長く続けているとアイデアや思考がうまくまとまらなくて困る場面は多数出てくると思います。

そのような時にマンダラートを手早く作成することができれば、斬新なアイデアにつながる可能性が高まるのではないでしょうか。

また正式な使い方ではないかもしれませんが、あるテーマについてマンダラートを作ったものの81マスを埋めることができなければ、あまり深堀して考えるテーマではなかったのだという気づきを得ることもできます。

自分らしく楽しみながらマンダラートをさまざまな場で活用してみてください。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】