成果が出るLP(ランディングページ)の作り方【リスティング広告】

リスティング

リスティング広告を運用していてクリック率はそこそこ高いのに、LPからの成果がなかなか上がらず悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

LPはリスティング広告のゴールとも言えるページのため、ここでターゲット顧客を脱落させてしまってはせっかくの広告戦略も意味を成しません。

この記事ではLPの基本から意識した方が良いポイントまで詳しくまとめてみました。

LPとは?

LP(ランディングページ)とは検索結果やリスティング広告を含むさまざまな広告を経由してターゲット顧客が最初にアクセスするページのことです。

LPを作る目的はターゲット顧客に「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などのコンバージョンを達成することに絞られているのが特徴的と言えるでしょう。

また縦長の1ページで構成され、ターゲット顧客の心理を分析して行動を促すようなレイアウトが重視されます。

LPを作る上で必ず含めた方がよい情報を3つご紹介します。

①ファーストビュー内のメインビジュアル・キャッチコピー・権威付け・CTAボタン
ファーストビューとはターゲット顧客がLPにアクセスした際に最初に目に入る画面の範囲のことを言います。

ファーストビューの印象でターゲット顧客にその後LPを読み進めてもらえるか、離脱するかが決まるのです。

商品やサービスのメインビジュアル(画像)キャッチコピー(ターゲット顧客のニーズの核をつく短い言葉)権威付け(商品の信頼を増す数値やデータ、メディア掲載実績、知名度の高いロゴなど)CTAボタン(コンバージョンにつなげるボタン)を設定して、ターゲット顧客の離脱を防ぎましょう。

②商品説明
自分が伝えたい内容よりターゲット顧客にどのようなメリットをもたらす商品・サービスなのかを説明することが大切です。

③利用者の声・よくある質問
利用者の声=口コミ情報なので利用者の名前・居住地・年齢などを掲載して信頼性を高めましょう。

またよくある質問でターゲット顧客の不安を払拭するよう明確な回答に努め、商品やサービスにポジティブな印象を与えるのが望ましいでしょう。

リスティング広告の基本についても知りたい方は、次の記事をごらんください。

リスティング広告で成果を上げるLPのポイントとは?

LPとは何かをご理解いただいたところで、成果を上げるLPを作成するために意識してほしいポイントを3つご紹介します。

【ポイント1】リスティング広告との整合性を保つ

LPで成果を高めるためには、集客元であるリスティング広告との整合性を意識することが大切です。

リスティング広告を見たターゲット顧客の心理としては、求めている商品やサービスの情報がLPに掲載されていると感じたためにクリックをして先へと進むのではないでしょうか。

つまりLPに求めている情報がなければターゲット顧客をがっかりさせることとなり、即離脱へとつながってしまいます。

ターゲット顧客を感情的に満足させるためにも、リスティング広告とLPの整合性を必ずチェックするようにしましょう。

【ポイント2】ターゲット顧客の信頼性を高めるLPにする

SNSなどの普及でデジタルネイティブ世代のターゲット顧客は少しずつ増え続け、それに応じてインターネットリテラシーも向上してきています。

そのためインターネット上にある情報の信頼性が重要視されるようになってきたのです。

ターゲット顧客に一度怪しいと感じさせてしまえば、コンバージョンに結び付けるのは難しくなるでしょう。

商品やサービスの信頼性を高めるため具体的な数値やデータ、利用者のレビューなどを積極的に掲載することが大切です。

【ポイント3】ユーザーファーストなLPにする

LPの読み込み速度を上げる、スマホでも見やすいLPにするなどユーザーファーストを意識するのも重要と言えます。

もしリスティング広告からLPに流入したターゲット顧客がいたとして、LPの読み込みが極端に遅い場合、しびれを切らして離脱してしまうのではないでしょうか。

このようなことを防ぐためにも、ターゲット顧客が使いやすく理解しやすいLPを意識して作成するようにしましょう。

売れるLPの作り方

売れるLPを作るためのポイントをご理解いただいたところで、すぐに活用できるLPの作り方のテクニックも3つご紹介します。

①目線を意識した配置にする
人間の視線は左から右に動きます。

そのため1番伝えたい情報は文章でも画像でも一番左側に配置するのがコツです。

②文章の書き方を工夫する
キーワードを最初に置いて興味を惹くのは基本ですが、1文を1メッセージにしてわかりやすく伝えること、専門用語を使用しないで伝えることを意識できればさらによいでしょう。

③ターゲット顧客が複数のタイミングでアクションできるようCTAボタンをいくつか設置しておく
ターゲット顧客によりコンバージョンへの意欲が高まるタイミングというのは異なるのではないでしょうか。

取りこぼしのないよう、CTAボタンは複数設置しておくことが大切です。

まとめ

LPはリスティング広告から流入してきたターゲット顧客に対し確実にコンバージョンしてもらうためのページで、離脱を防ぎ効率よく成果につなげるためにはターゲット顧客の心理を分析し、よりユーザーファーストなページに仕上げるのがポイントだとわかりました。

この記事を参考にして、より自分の売りたい商品やサービスの購入意欲を高めることのできるLP作りに取り組んでみてください。

著者情報:三倉(mikura)
リスティングやSNSの広告運用12年/フリーランス4年目の認定ランサー。国立大学卒業後、新卒でベンチャー企業に就職し広告運用からマネジメントまで行い独立。「顧客の利益創出」をモットーとした広告設計・運用を行っています。ポリシーは【即レス・誠実さ・期限厳守】

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】