カスタマーマッチを使って既存顧客にアプローチ【Google広告】

リスティング

カスタマーマッチは既存顧客へアプローチしてリピートを促したり、クロスセルを行うことができます。
また、既存顧客に似たユーザーに広告を出したいという場合にも高い精度でアプローチが可能です。

カスタマーマッチとは?

カスタマーマッチとはGoogle広告の配信方法の1つで、自社の顧客データをリスト化してアップロードすると、その顧客や類似ユーザーに対して広告が配信できる機能です。

具体的にはGoogleアカウントに登録された情報と顧客データの情報が比較され、一致すると広告の配信対象となります。

比較される情報の種類は次のとおりです。

  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 氏名

これらの情報を組み合わせて絞り込みを行う場合もあります。

カスタマーマッチの精度を高めるためには、顧客データとして上記の情報をなるべく取得するように心がけましょう。

カスタマーマッチを利用できる要件とは?

カスタマーマッチはGoogle広告を利用する全ての広告主が使用できるわけではなく、Googleで定められた基準を満たした広告主のみが使用できる機能です。

利用要件についてご紹介します。

カスタマーマッチを利用するには、アカウントが以下の基準を満たしている必要があります。
・これまでポリシーを遵守してきた実績があること
・これまでお支払いに関して問題が発生していないこと
・90 日以上の Google 広告のご利用実績があること
・ご利用金額が全期間で 5 万米ドルを超えていること(米ドル以外の通貨でアカウントを管理している広告主様のご利用金額は、その通貨の月別平均換算率により米ドルに換算されます)

Googleポリシーヘルプ「カスタマーマッチ」


https://support.google.com/adspolicy/answer/6299717?hl=ja

カスタマーマッチを利用してみたい場合は、この要件を満たしているかどうか確認してみましょう。

カスタマーマッチを利用できるGoogle広告の種類は?

カスタマーマッチで利用できるGoogle広告は次の5種類です。

・検索広告
・ショッピング広告
・Gmail
・YouTube
・ディスプレイ広告

さまざまな方法で顧客にアプローチできるのがメリットと言えるでしょう。

カスタマーマッチの設定方法について

カスタマーマッチを設定する方法をご紹介します。

①Google広告の管理画面から画面右上の「ツールと設定」共有ライブラリの中の「オーディエンスマネージャー」をクリック

②画面左側のメニューより「オーディエンスリスト」「+」「顧客リスト」をクリック

③書式なしデータファイルとハッシュ化データファイルのどちらをアップロードするかを選んで「ファイルを選択」をクリック

④「このデータはGoogleのポリシーに従って収集、共有しています」 のチェックボックスにチェックを入れ、必要に応じて有効期間を設定

⑤「リストをアップロードして作成」をクリック

顧客リストは個人情報のため、取り扱いには十分注意してカスタマーマッチの設定を行いましょう。
ただ、アップロードの際はハッシュ化されるので、情報がそのままデータベースにアップされるわけではないので安心です。

ハッシュ化とは?
→値をハッシュ関数に入れてハッシュ値に変換すること。つまりハッシュ値でメールアドレスや電話番号を保管して、同じくハッシュ化されたGoogleのデータベースと比較するということです。

Googleディスプレイ広告ではその他にも多数のターゲティング方法がありますので、下記も参考にしてください。

カスタマーマッチの効果的な活用方法とは?

カスタマーマッチの効果的な活用方法を3つ考えてみました。

①新規顧客を増やしたいけれど、うまくターゲティングができていない場合

カスタマーマッチで作成したリストの類似機能を活用すれば、既存顧客に親しい属性のユーザーに広告を出稿することが可能です。
なかなか他のターゲティングでうまくいかない場合などでも既存顧客の情報を活用すれば精度の高いターゲティングが可能です。

②ブランディングをしたい場合

商品やサービスをブランディングして差別化を行いたい場合、既存顧客や類似顧客にカスタマーマッチで動画広告を配信し、商品やサービスについてのこだわりや品質の高さなどをアピールしてブランドの価値を高めることができます。

人はブランドの記号を価値と結びつけて判断するので、ロゴマークを表示するなど一目でそのブランドとわかるものを動画内に加え、ターゲット顧客の視覚に訴えるよう工夫しましょう。

③離脱防止をしたい場合

既存顧客の離脱が多く、売上が伸びないと感じている時にカスタマーマッチを使用してみましょう。

再購入を促したり、ライフステージの変化に合わせて起こる離脱を防いだりする効果が期待できるでしょう。

まとめ

カスタマーマッチはGoogle広告の機能の1つで、既存顧客リストをアップロードすればその顧客だけではなく類似顧客にもさまざまな種類の広告を配信してくれる便利な機能であることがわかりました。

どのような商品やサービスを売る場合でも、新規顧客の開拓と既存顧客へのアプローチのバランスや方法について悩むことが多いですが、カスタマーマッチを使用すればこのような悩みは少し減らすことができると言えるのではないでしょうか。

人気記事Yahoo! 検索広告キャンペーンエディターの使い方(基礎編)【入稿効率アップ!】

人気記事YouTube広告で成果を出すには?出稿方法と成果を出すコツ【完全ガイド】