Webマーケティングや広告運用を学べるスクールのおすすめは?内容を比較しながらご紹介

webマーケティング

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールはたくさんあるためどのようにして選べば良いのかわかりにくいという人も多いでしょう。

この記事ではスクールの選び方から各スクールで学ぶメリットまで比較をしながら詳しくご紹介します。

スクールを受講するメリット・デメリット

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールに入学して学ぶメリットは次の5つです。

  • 未経験でも就職や転職がしやすくなる
  • 挫折しにくい環境で学ぶことができる
  • 幅広い分野のスキルが身に着く
  • 短期間で実践レベルの手法を身に着けられる
  • 進路が明確化する

同じ未経験から勉強しても独学とは異なり体系的で幅広い知識が身に着くことと、途中で投げ出しにくい環境を整えられるのがスクールに通うメリットだと言えるでしょう。

スクールに通うデメリットもご紹介します。

  • 独学と比較すると費用が多くかかる
  • 目的意識を持って受講しなければ必要なスキルが身に付かない

スクールに通うかどうかはメリットとデメリットを比較検討した上で、独学とどちらが自分に向いているかを考慮してから決めるようにしましょう。

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールの選び方

どのようなスクールに通う時も同じですが、まずは通う目的を明確にする必要があります。

通う目的がわからなければ、ニーズに合ったスクールを探すことはできないためです。

もしはっきりと言葉となって出てこない場合はWebマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールに通うことで何をしたいかを箇条書きにしてみましょう。

よく出て来るニーズの一例を紹介します。

  • 就職や転職のため
  • 広告の運用をしたい
  • Webマーケターとして働きたい
  • オンライン(または通学)で勉強したい
  • 興味のある分野(または広範囲な知識)を学びたい
  • 短期間(または長期間)で学びたい
  • 生徒に対するサポート体制(授業内容の質問から就職・転職サポートまで)がしっかりした学校がよい

この中で特に重要視してほしいのが最後の3つのため、どのようなことに気を付ければよいのか解説します。

①興味のある分野(または広範囲な知識)を選択する

Webマーケティングや広告運用は内容の幅が広いため、スクールによって学習範囲が大幅に異なります。

自分がどのようなことを学びたいのかをこの段階でできるだけ具体化しておくと、入学後のミスマッチを防止できるでしょう。

②学習期間から選択する

スクールで提供しているコースによって異なりますが、短期間なら1か月、長期間なら1年と受講期間に幅があります。

自分がどのくらいの期間集中して学べるのかを考慮して受講期間を決めるようにしましょう。

③生徒に対するサポート体制(授業内容の質問から就職・転職サポートまで)から選択する

授業内容についてのサポートはどの学校でも行いますが、受講後の就職や転職のサポートは手厚く行う学校と全く行わない学校がはっきりしています。

就職や転職を希望しているなら、学校にサポートしてほしいかどうかを考えておきましょう。

自分のニーズが明確になった後はスクールの内容と学費を比較検討して問い合わせをすれば良いため、スクールを選ぶまでにかかる時間を大きく節約できるでしょう。

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールのおすすめ4選

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールで、ニーズごとにおすすめのスクールを4つご紹介します。

転職をしたい人におすすめのマケキャンby DMM.COM

マケキャンby DMM.COMはWebマーケティングと広告を基礎からプランニングまで幅広く学ぶことができるため、転職成功率98%という高い実績を誇っています。

画層引用元:マケキャン

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士の実験ではインプットとアウトプットの時間的割合は3:7が理想的とされていますが、マケキャンby DMM.COMでは平日はインプットを行い、休日はアウトプットを繰り返す反転学習方式でこの割合に近づけていることから、知識が定着しやすいのです。

ホームページに掲載されている卒業生のインタビューでは、マケキャンby DMM.COMで学ぶことで新しいキャリアプランや成長できる環境を手に入れ、充実した日々を過ごせるようになったことがわかります。

自分の知らない強みを知り、やりがいのある仕事を転職で手に入れたい人にはマケキャンby DMM.COMがおすすめです。

参考:マケキャンby DMM.COM

広告の運用をしたい人におすすめのデジプロ

デジプロは超実践的な学びをモットーとしたWebマーケティングスクールで、現役のマーケターが先生を務めます。

画像引用元:デジプロ

講義までに動画で事前予習してから臨むスタイルのため自主性が重んじられており、独学とスクールの良い所を併せ持っていると言えるでしょう。

ホームページの「レッスン一覧」から講義テーマを誰でも見ることができるため、どのような広告媒体の運用ができるようになるのか入学前に知っておきたい人にも安心だと言えます。

就職や転職、フリーランス希望などさまざまな生徒を受け入れているので、学びながら進路を定めていきたい人にもおすすめです。

参考:デジプロ

興味のある分野だけ学びたい人におすすめのSHElikes

SHElikesは、PC1つで仕事をすることができるWebデザイン・Webマーケティング・ライティングなど25種類のコースから好きな分野だけを選択し、自由に組み合わせて学ぶことのできるクリエイティブスクールです。

画像引用元:SHElikes

本業としてWebマーケティングや広告運用の分野に取り組みたい人はもちろん、副業やキャリアアップを目指している人にも学びやすいスクールだと言えるでしょう。

Webから簡単に無料体験レッスンを受講でき、今後のキャリアについてのカウンセリングもしてもらえるため、SHElikesは入学後のミスマッチを防止したい人におすすめです。

参考:SHElikes

現役のWebマーケターから学びたいならTech Academy

Tech Academyはプログラミング、Webデザイン、Webマーケティングと幅広い学習コースがある大きなスクールですが、現役Webマーケターがパーソナルメンターとして週2日メンタリングをしてくれるため、独学では自信のない人でも安心して学べる環境が整っています。

画像引用元:TechAcademy

パーソナルメンターは毎日19時~23時までの4時間オンラインで待機してくれているため、受講生はその間質問をすればすぐに回答してもらえるのです。

またカウンセリングで個別に目標を設定し、それに向けたサポートをしてくれるため周囲の目が気にならず自分の学習に集中できるでしょう。

勉強するなら挫折せずにやり遂げたいという人にはTech Academyがおすすめです。

参考:Tech Academy

まとめ

Webマーケティングスクールや広告運用を学べるスクールはたくさんありますが、独学とどちらが良いかを比較検討した上で通う目的をはっきりさせると、自分に合ったスクールを選びやすくなるとわかりました。

ぜひ自分に合ったスクールを見つけ、Webマーケティングについて楽しく学びを深めてみてください。

少しでもお役に立てましたらシェア頂けますと幸いです。
著者情報:三倉(mikura)
リスティングやSNSの広告運用12年/フリーランス4年目の認定ランサー。国立大学卒業後、新卒でベンチャー企業に就職し広告運用からマネジメントまで行い独立。「顧客の利益創出」をモットーとした広告設計・運用を行っています。ポリシーは【即レス・誠実さ・期限厳守】

\最新情報・ノウハウを受け取る/